HOT HATCH

2017 2月|茨城の中古車販売店個人売買の名義変更、委託販売

在庫一覧委託販売以来・お問い合わせ
  • 店舗紹介
  • ホットハッチの委託販売
  • 安心のサービス
    • カスタマーサービス
    • 購入までの流れ
    • よくある質問
  • アクセス
  • ブログ

2017年2月の投稿一覧

ワコーズ RECS 施工

ts 001昨年 下取りした三菱i ですが、車検で預かりました。冷間時にたまにエンストするというので、RECS施工します。

ts 004この i は、走行距離が244,926km !ですが、ターボも良く効き速いです。

ts 002RECSは、スロットルボディーよりシリンダー側のバキュームホースに配管が必要なのですが、

ご覧の通り i はミッドシップでエンジンルームがぎっしりで、スロットルな見えません。

ts 003下に潜り込みブレーキのブースターにつながるバキュームホースから、洗浄剤を注入します。

プジョー206CC リアウインドレギュレターリペアキット その2

cc-2 001先日の続きです。これが外したパワーウインドウレギュレターASSYで、縦50cm横30cmあります。

これを狭い開口部から取り出すのは知恵の輪状態です。

ccレギュレター 006こんな感じでワイヤーが切れぐちゃぐちゃです。リペアキットは新品ワイヤーにモーターの巻き取りドラムcc-2 002このワイヤーを固定している部品からなります。このプラスチック部品でワイヤーを固定しているので、

強い負荷がかかれば当然割れます。

お困りの方は直接連絡下さい。事前にご連絡頂ければ1~2時間お待ち頂く間に作業します。

 

プジョー206CC リアウインドレギュレターリペアキット

ccレギュレター 001在庫のプジョー206CCですが、右リアのパワーウインドウが動きません。新品だとモーター組み込みのASSYで、

4万弱しますが、社外のリペアキットが¥3,000程度であるので取寄せてみました。

モーターは動く事が前提で、ワイヤーとモーターに付くリール、菱形のワイヤーを固定するプラスチック部品のセットです。

ccレギュレター 004まずはシートを外し内張りも外します。ここまでばらせばガラスを外しあとはボルト3個外せばいいのですが、

リアガラスの水切りモールを外し上部から覗き込むとボルト2個が出てきます。

ccレギュレター 002これを外し、ガラスを固定している3個のボルトをレギュレターを上に上げてサービスホールに合わせて

外せば下の画像の10mmボルトを外せばフリーになるのですが、タイヤハウスがある為非常に狭い空間で

横にしながらごついレギュレターを取り外します。

ccレギュレター 003

 

アルファロメオ147 ラジエター交換

147 O 001車検でお預かりした板橋区にお住まいのOさんの 147ですが、オイル漏れの点検を依頼されていたのですが、

147 O 002画像のエア抜き用プラグからクーラントが滲んでいました。純正品は高いのでOEM部品を探し 純正品の半額位

¥25,000位で見つけました。

147 O 003ホースも交換です。左右を比べると左の古いホースが膨らんでいるのがわかりますか?

 

プジョー206CC S16 5速入庫しました。

206cc 005プジョー206CC S16入庫しました。希少5速MTです。

206cc 018カロッツエリア HDDナビ付きです。

206cc 011CCは、ルーフを格納する為にトランクが大きくハッチバックのボディと違う独特のリアフォルムです。

 

プジョー106 S16入庫しました

p106 001プジョー106 S16入庫しました。 2001年 127千km走っていますが、Tベルト クラッチ交換済みです。

p106 009スーパースプリントのマフラーに、スピードラインのホイールは定番ですが、106にぴったり合います。

p106 022そして何といってもレスポンス抜群の1600ccTU5J4(NFX)エンジンは、206 307等の同じ1600のTU5JP4(NFU) とは、全く印象が違います。

NFU は、あくまで実用エンジンで、実際に乗ると中低速トルクが厚くレスポンスもいいので軽快に走るという感

じですが、NFXの方は空吹かしの時点でアクセルに対する抜群のレスポンスを示し

エンジンが回りたがり、車重960kgのボディーを楽々加速させます。

絶対的なスピードはたかがしれていますが、体感加速は抜群で ガタピシボディーを猫脚と呼ばれる

足回りで調教しています。

プジョー206 セルモーター交換

xt 001昨年自分の同級生に販売したプジョー206ですが、エンジンがかからなくなるという症状で預かりました。

冷間時の始動は問題ないのですが、エンジンが温まるとカチッ と言ったきりかからず、しばらく置くと

エンジンがかかるという症状です。

xt 002今回はセルモーターのリダクションモーター(ギアをフライホイールに飛び込ます)の不良で、

セルモーターの交換で直りました。社外新品で¥18,000 です。

同級生の車なので、部品代のみしか請求出来ません。

 

セルモーターの不良以外にも、キーシリンダーの裏のイグニッションスイッチ

の不良や、ATの場合インヒビタースイッチ(PかNを検知する部品)等の不良もあります。

ブログ最新記事
月別アーカイブ
トップへ戻る
店舗紹介ホットハッチの委託販売安心のサービスアクセス
在庫一覧委託販売依頼・お問い合わせブログ

Copyright 2014 株式会社ホットハッチ All rights reserved.

株式会社ホットハッチ

〒300-2505 茨城県常総市中妻町918-25
TEL.0297-21-2656  FAX.0297-21-2657
【営業時間】10:00 ~ 19:00 【定休日】火曜日