HOT HATCH

2017 9月|茨城の中古車販売店個人売買の名義変更、委託販売

在庫一覧委託販売以来・お問い合わせ
  • 店舗紹介
  • ホットハッチの委託販売
  • 安心のサービス
    • カスタマーサービス
    • 購入までの流れ
    • よくある質問
  • アクセス
  • ブログ

2017年9月の投稿一覧

アルファ ロメオ156 2.5V6 中間マフラー交換 ABSチェックランプ点灯

156澤田さん 001神栖市のSさんの アルファ ロメオ156 2.5V6 ですが、ABSとエアバックチェックランプ点灯と、

マフラー排気漏れ修理でお預かりです。マフラーは中間パイプに穴があいているので、手持ちの中古に交換

156澤田さん 002上がストック部品で、下が大穴があいていまった中間パイプです。工賃込みで¥8,000 です。

156澤田さん 003ABSは、診断機での内容を ABS修理専門業者へ伝え ABSのコントロールユニットの不良と判断し、

現品修理をしてもらいます。

ルポGTi ABSチェックランプ点灯 修理

rupo菊地さん 001秋田市のKさんご契約のルポGTiですが、ABSチェックランプが時々点灯するという症状で、

テスター診断すると、左フロント スピードセンサーのエラーが出るのですが、

リアルタイムのデーターできちんと出力し、配線等のダメージもありません。

rupo菊地さん 002Ate製のABSユニットなのですが、以前修理依頼したABS修理専門の業者さんに問い合わせると、

ABSのコントロールユニットの故障の可能性が高いとの事でしたので、中古でECUのみ交換します。

rupo菊地さん 003こんな感じで、このABSユニットはECU部分が分離します。

交換直後のエンジン始動時は、ABSチェックランプが点灯したままですが、車を動かし車速信号が、

ABSのコントロールユニットに入力されると、消灯しました。

初めての輸入車購入

DSCN2800 当店は込み50万前後のリーズナブルな価格の中古車を販売しております。

手頃な価格帯なので、初めての輸入車の購入の方も多いです。

 

そこで素朴な疑問

Q  古い輸入車の中古車って壊れるんじゃない?

A  状態の悪い車は仕入れません。年式が古くても状態のいい車を選んで仕入れ、

納車前の整備でしっかり直します。

ただやはり国産車より消耗品の交換時期は早いのは事実ですが、適切なメンテナンスで快適な

カーライフを送れます。

 

Q なんでそんなに安いの?

A 中古車は市場の人気で価格が決まりますので、低年式の輸入車はトラブルを恐れて

業者も積極的に仕入れません。

だから同年式の国産車より、新車価格では高い輸入車が中古では安くかえます。

 

Q 修理代は高くないの?

A 自分は ローバーミニ プジョー フィアト アルファ ロメオ   TVR 等

取扱いの輸入車ディーラーにサービスで10年勤務していましたので、

まず自分で整備が出来ますし、当時の同僚が アルファ ロメオ中心の認証工場を経営していたり、

板金工場を経営していますので、国産車並みの工賃で作業が可能ですし、

欧州部品メーカーのOEM品や中古部品を利用し安くメンテナンスを提供しています。

 

聞きたい事があれば お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

 

エンジョイ カーライフ  これが当社のコンセプトです。一緒に車を楽しみましょう。

ブログ最新記事
月別アーカイブ
トップへ戻る
店舗紹介ホットハッチの委託販売安心のサービスアクセス
在庫一覧委託販売依頼・お問い合わせブログ

Copyright 2014 株式会社ホットハッチ All rights reserved.

株式会社ホットハッチ

〒300-2505 茨城県常総市中妻町918-25
TEL.0297-21-2656  FAX.0297-21-2657
【営業時間】10:00 ~ 19:00 【定休日】火曜日