HOT HATCH

2018 7月|茨城の中古車販売店個人売買の名義変更、委託販売

在庫一覧委託販売以来・お問い合わせ
  • 店舗紹介
  • ホットハッチの委託販売
  • 安心のサービス
    • カスタマーサービス
    • 購入までの流れ
    • よくある質問
  • アクセス
  • ブログ

2018年7月の投稿一覧

ルノー ルーテシアⅢ RF4C ルノースポール

ルーテシア3 001社用車ルーテシアⅡ が来月車検で 20万kmを超えたので、調子はいいのですが ルーテシアⅢ に代替します。

見た目綺麗ですが、走行185千kmで4速シンクロも痛んでいるので商品車にはなりませんが、

これから整備をし車検を取得します。

ルーテシア3 004外観は画像でみるより現車は迫力があります。どんだけ幅が広がっているんだという感じのオーバーフェンダーです

ルーテシア3 002リアが左右出しマフラーで、アンダーディフューザーになっています。

まだちょっと動かした程度ですが、エンジン自体のパワーはそんなに変わらない感じですが、

6速ミッションがいい感じのギア比で、高回転まできちり廻せます。

ルーテシアⅡ はギア比が高くイメージ的には、エンジン回転が上がるよりスピードが出てしまうような感じで、

街中であまり廻せなかったのですが、街中でもがんがん踏める ギア比に改善されていました。

 

プジョー206CC S16 5速MT入庫しました

p206cc 006プジョー206CC入庫しました。5速MTのS16です。206自体が年式的に流通量がかなり少なくなっていて、

S16のMTは絶滅寸前という状況です。

RCなら探せばある感じですが、走行距離8万km以下ですと結構な金額になってしまいます。

p206cc 009そこで3ドアでお探しの人もCCも検討対象に入れれば、選択肢は広がります。

何よりオープンカーの気持ち良さは、乗った事がある人でないとわかりません。但し後ろのシートは、

大人は座れません

p206cc 020エンジンは 3ドア S16と同じ RFNエンジンです。

2000CCで カタログ値 137PS と数値は平凡ですが、レスポンスが抜群で気持ち良く廻るエンジンです。

プジョーのエンジンは、実用回転域の 2000rpmから3000rpm位の低中速トルクが厚く、

実際に乗るときびきび走り、結構速い という感じの車種が多いです。

フィアット500 パワーウインドウ修理

500 001渋谷区にお住まいのSさんご契約の フィアット500 1.4ラウンジ です。助手席側のパワーウインドウが、

きちんと上下しない状態なので修理します。

500 002まずはドアの内張りを外すのですが、6角の5mmのボルト3箇所 を外せばクリップで止まっているだけなのですが、

ギザギザの長めのクリップで固定されているので、プラスチック製の内張り外しで少しずつ浮かせながなら外します

500 003なんとシンプルな作りのウインドレギュレターなんでしょう。白いプラスチック製の部品に ウインドウガラス側に

固定用の穴が空いていて、プラスチック製の部品の爪がはまるだけの構造です。

故障の原因は爪の部分が変形し、ガラスが外れてしまった為です。モーター付きのウインドレギュレターASSYで

交換が必用になります。

アルファロメオ 156 2.5V6 燃料ポンプ交換 

a156 2.5v6 001在庫のアルファロメオ 156 2.5V6ですが、しばらく前からエンジンをかけた後にガソリン臭がするようになって

いたので、燃料ポンプの状態を確認します。

a156 2.5v6 002156の燃料ポンプは画像のようにちょうど後席とトランクの仕切りの所にあります。

後席シートを取外し、トランクボードをずらし トランクスルーのパネルを外して上の状態です。

a156 2.5v6 004やはりガソリンが漏れていました。156の特にV6 に多い症状で、燃料ポンプの上部からガソリンが漏ってきます。

アルファロメオ純正部品だと5万位するのですが、OEMメーカーから部品が発売されていて、

純正の半額以下で新品が購入出来ますが、種類が多く注文には現品の部品番号の確認が必要です。

a156 2.5v6 006新品を装着した所です。

 

プジョー207 エアコン冷えず修理

P207エアコン 001在庫で仕入れた ラセルタイエローの207GTですが、エアコンが冷えないので診断して行きます。

まずはエアコンコンプレッサーが動いているか確認 (エアコンスイッチを入れると カチッと音がします。)

エアコンコンプレッサーは、作動OFFの時はプーリーが空回りして、ONの時にプーリー内側のマグネットクラッチ

が作動して、本体が動きます。エアコンスイッチを入れた時の カチッ という音は、マグネットクラッチの音ですP207エアコン 002コンプレッサーは動いているので、画像見づらいですが アルミのパイプが2本あるのが エアコンのパイプで、

低圧と高圧に分かれています。黒いキャップを外しマニホールドゲージに接続し低圧と高圧のガス圧の値で、

故障箇所を診断します。

例えば 低圧 高圧両方低ければガス圧不足  低圧 高圧の圧力差がなければコンプレッサーの圧縮不良

低圧が上がらず 高圧が高ければ内部の詰まり 等 判断出来ます。

P207エアコン 003

在庫車は、ガス不足で補充してきちんと冷えるようになりました。車のエアコンは、常に振動 エンジンルームの高圧 バンパーをぶつけたりした時の外部からの衝撃等 過酷な条件ですので、ガス不足はよくある症状です。

上記故障診断 ガス1缶補充で 通常¥8,000~ になります。

 

レガシィB4 3.0スペックR センターマフラー交換

ble 001在庫のレガシィ 3.0スペックRですが、中間マフラーのステーが折れてしまっているので、

社外品に交換します。

ble 002左が取付けるセンターマフラーで、タイコから後ろが左右2本に分かれていて見た目で抜けがよさそうです。

レガシィの 3000は、フラット6で、2000のフラット4と違いスムーズで綺麗な排気音です。

フラット4の不等長爆発のドロドロ音はしません。

ble 003取付け完了です。いかにも排気効率が良さそうです。

プジョー207GT後期 6速MT入庫しました

P207木所号 001プジョー207GT 後期入庫しました。2年前に当店で販売した車両です。

P207木所号 014GT標準のグラスルーフ 屋根のほとんどがガラスで開放感があります。

P207木所号 012ハーフレザーシート オートライト オートワイパー ESP 等 標準装備が充実しています。

ブログ最新記事
月別アーカイブ
トップへ戻る
店舗紹介ホットハッチの委託販売安心のサービスアクセス
在庫一覧委託販売依頼・お問い合わせブログ

Copyright 2014 株式会社ホットハッチ All rights reserved.

株式会社ホットハッチ

〒300-2505 茨城県常総市中妻町918-25
TEL.0297-21-2656  FAX.0297-21-2657
【営業時間】10:00 ~ 19:00 【定休日】火曜日