HOT HATCH

2020 4月|茨城の中古車販売店個人売買の名義変更、委託販売

在庫一覧委託販売以来・お問い合わせ
  • 店舗紹介
  • ホットハッチの委託販売
  • 安心のサービス
    • カスタマーサービス
    • 購入までの流れ
    • よくある質問
  • アクセス
  • ブログ

2020年4月の投稿一覧

アルファロメオ 156 2.5V6 バックランプヒューズ切れ

a156 001袋井市 のI さんの アルファロメオ 156 2.5V6 ですが、納車して直ぐに バックギアに入れるとヒューズが切れる という症状で預かりました。

a156 002納車前にも症状があり、リアガラス左下の ボディー側から トランクに通じるゴムの蛇腹部分の内側の配線の皮膜がボロボロになりショートしていたので、

ビニールテープ で絶縁したのですが、症状再発です。まずは 前回絶縁した箇所を確認し

それからトランクの バックランプの電源線とアース線を配線の束をばらしてチェックします。

a156 003トランク側に異常がないので、車両側の配線を辿って行きます。シートの取り外しは ボルト4本のみで簡単なのですが、スピーカーボードを取外すのが、

固定している箇所がわかりづらく手間取りました。

a156 004リアシート下まで辿ったのですがショートしている箇所はないのですが、但しバックランプの電源線が他の配線より固く柔軟性が無くなっているのと、

曲がっている箇所が茶色く変色しているので配線の引き直しをする事にしました。

文章では簡単に書いていますが、ここまでたどり着くのにかなりの時間がかかってしまいました。

a156 005ヒューズブロックまで配線を引き直し、直ったと思い Iさんに連絡した後に 前進 バック 4~5回 したらまたヒューズ切れです。

なので ミッションの上にある バックランプスイッチ の配線までそっくり引き直しました。

結局 ショート したのは 最初に対処した トランクの蛇腹の部分ですが、以前のオーナー時から症状があったと思われ、

バックランプの配線全体が熱で劣化し、抵抗値が上がってしまいヒューズ切れを起こしていたようです。

I さん時間がかかってしまい申し訳ありませんでした。

 

ユーノス ロードスター スピーカー交換

ロードスター 001名古屋市にお住まいの Aさん ご購入の ユーノス ロードスター です。平成5年式なので 27年前の車になります。

ロードスター 004それだけの年数を経過すると こういう事が起きます。スピーカーのエッジがボロボロになり無くなっています。

こうなると当然 音は出ませんので交換します。

ロードスター 002ドアのつくりは非常にシンプルで、インナーハンドル3箇所のボルトとインナーハンドルのカバーを外せば、あとはクリップで止まっているだけです。

ロードスター 005内張りを外した状態です。このビニールで室内に水が入るのを防いでいます。このビニールを外してしまうと

ガラスの上下する時などに外からの雨水等が進入してしまいます。

プジョー106 S16 エンジンマウント(ミッション側)交換

ds3 001越谷市のKさん ご購入の プジョー106 S16 です。この106は アルファロメオ 156 2.5V6 を購入された Tさんからの下取り車なのですが、

走行は 12万kmを超えていますが、メンテナンスをしっかり実施していて、

106 の持病のような 足廻りの異音(ステアリングの据え切り時が多いです)や、減速時のエンスト 等も無く、

非常に快調ですが、試運転中 にクラッチを繋げる時に ギクシャクする感じがあったので、ミッションマウント を交換します。

ds3 002一般的に横置きエンジンでは、 エンジンマウントは、タイミングベルト側 ミッション側 クロスメンバーへ固定する下側 の3点支持が多く、

タイミングベルト側 に一番荷重がかかるので、劣化も早く タイミングベルト交換時に脱着の必要がある為、

一緒に交換するケースが多いです。今回交換するミッションマウントは、プジョー106の場合 バッテリーの下にあります。

ds3 003これです。直径 5~6cm で頼りない感じのゴムです。ナットから放射状にひび割れが発生しています。

b4 106 004左が新品で、右側が古い部品です。高さが違うのがわかりますか?

 

交換後は シフト時のギクシャク感が減り スムーズにギアチェンジが出来るようになりました。

来店が難しいお客様には通信販売での対応も可能です。

当店では遠方で来店が難しいお客様には、電話 メール 等使用した、

来店不要の通信販売にも対応しています。

 

但し こちらで 現車確認が必要と判断する車や、新車しか購入した事がないお客様等は、

通信販売はお断りし、来店しての現車確認をお勧めします。

 

私は 20年近く前に 当時全国展開していた 中古車販売店にて

他店の在庫車を パソコンの画面のみで 年間100台前後を10年間販売してきましたので、

現車確認をしない販売手法には実績がありますのでお任せ下さい。

車は生活必需品ですので、急いで車が必要なお客様にも対応いたします。

 

株式会社ホットハッチ

磯部

アルファロメオ ミト 電動パワステ交換

mito 001在庫のアルファロメオ ミト クアドリフォリオ ですが、電動パワステのトルクセンサーエラー が表示され時々パワステが効かなくなる症状です。

代車予定の グランデプント も同じような症状で、電動パワステASSY での交換になります。

まずは ステアリングを外すのですが、

mito 002画像ピンボケで申し訳ありませんが、画像中央の金属製の爪に、エアバック側のプラスチック制の爪がひっかっかっているので、

ステアリングの米粒大のマーク をマイナスドライバーで突き破りひねって外すのですが かなり苦戦しました。

mito 003エアバックのコネクタ ライトスイッチ キーシリンダ を外した所です。

mito 004これが パワステのモーターです。コントロールユニットも一体になっています。

ブログ最新記事
月別アーカイブ
トップへ戻る
店舗紹介ホットハッチの委託販売安心のサービスアクセス
在庫一覧委託販売依頼・お問い合わせブログ

Copyright 2014 株式会社ホットハッチ All rights reserved.

株式会社ホットハッチ

〒300-2505 茨城県常総市中妻町918-25
TEL.0297-21-2656  FAX.0297-21-2657
【営業時間】10:00 ~ 19:00 【定休日】火曜日