HOT HATCH

ブログ|茨城の中古車販売店個人売買の名義変更、委託販売

在庫一覧委託販売以来・お問い合わせ
  • 店舗紹介
  • ホットハッチの委託販売
  • 安心のサービス
    • カスタマーサービス
    • 購入までの流れ
    • よくある質問
  • アクセス
  • ブログ

在庫車紹介 ルノー ルーテシア3 ルノースポール

 

rs3 001在庫車紹介です。ルノー ルーテシア3 2.0ルノースポールです。カタログ値202ps を7100rpmで発生する高回転エンジンで、全長4020mmながら、

全幅 1770mm の3ナンバーボディと ベース車より 50mmワイドになっています。車重は1240kgと結構重いですが、

その分 6速マニュアルのクロスレシオのミッションで、並みのスポーツカー以上の加速をします。

rs3 010画像では分かりづらいのですが、フェンダーの膨らみが只者ではない感を漂わせる車です。自分は ルーテシア2 のルノースポールにも乗っていましたが、

2と3を比較すると まずドイツ車のようなしっかりしたボディー剛性と、ルーテシア2 のハイギアードの5速 からクロスレシオのローギアードの6速で、

F4エンジンのパワーをきっちり使い切れるようになりました。

ルノースポールの足廻りのセッティングは独特で、パワーに見合った引き締まった足なのですが、突き上げやゴツゴツ感は無く、

乗り心地も快適なのですが、プジョーのようにストロークが長い足ではありませんので、

ステアリングを切ればロールを感じずに向きを変えます。そこからアクセルを踏み込んで行った時にLSDが入っている(実際はついていません)ように、

路面にタイヤを押し付けるような感じでグイグイ曲がって行きます。

メガーヌ2は格好悪く メガーヌ3はまだ高いので 今登場から10年経過した ルーテシア3ルノースポールは相場が落ちているので狙い目です。

 

 

カロッツエリア MVH7500SS 取付け Bluetooth 接続デッキ

カロッツエリア 001皆さん車の中で音楽は何で聞きますか?自分は昭和の人間なので ラジオとCDなのですが、今はスマートフォンをデッキに接続して聞かれる方が主流です。

そこでお勧めのデッキが カロッツエリアの MVH7500SC というモデルです。ラジオは聞けますがCDは聞けない代りに、

スマフォ とBluetooth接続し、しかもスマフォの固定用クレードルが付いています。

カロッツエリア 004こんな感じの使用イメージです。USB端子もあるので汎用ケーブルで接続すれば充電もOKです。

カロッツエリア 003前後しましたが、取付け作業中の配線の様子です。この頃の欧州車の純正デッキの配線は DIN規格のコネクタなので一般のカー用品店で購入可能です。

最近の車は CAN-BUS配線(デジタル信号線)なので、12V電源を取るのにも苦労します。

カロッツエリア 002プジョー307SWを購入された Sさんからの商品を持込みでの取付け作業です。

6N ポロGTi 入庫しました

6n 001ポロGTi入庫しました。当店で2年前に販売した車で今回車検を機に乗り換えられて入庫しました。

外装は シルバーのパールで ピッカピカです。

純正BBSアルミが足元で主張しています。

6n 014内装は GTi専用の赤の指し色が鮮やかなスポーツシートです。レカロのLSのような座り心地です。

6N ポロGTiの特徴は 全長3m70 のコンパクトなボディ(初期型のヴィッツ位)にも関わらずボディー剛性が高く

どっしりした乗り味ですが、アクセルを踏み込めば 豪快な加速をしてくれます。

しかも 5ドアなので、実用性も十分でファミリーカーとして使用出来ます。

6n 010社外マフラーつきです。

ルノー ルーテシア3 ルノースポール ミッションオイル交換

rs3 p406 001兵庫県 明石市のKさんご購入の ルノー ルーテシア3 ルノースポールです。四速シフト時に引っかかりが感じられるので、ミッションオイルを交換します。

rs3 p406 002この6速ミッションは、4速が弱いようで社用車のルーテシアは 5速から4速へのシフトダウン時にギア鳴りしてしまいます。シフトアップ時はワンテンポおけば

すんなりシフト出来ます。

画像は ドライブシャフトの取付け部 脇にあるミッションオイル注入口です。白いプラスチック製の蝶ネジになっています。

rs3 p406 003使用するオイルは ワコーズのMT75で、多少のギア鳴りならオイル交換で治ってしまう場合もあります。

プジョー207GT REMUSマフラー取付け

p207 001 p207 005当店在庫の プジョー207GT です。先日のデビルアイヘッドライト交換に続き、REMUSマフラーを取付けます。

p207 001お馴染みの キツネマークのREMUSマフラーです。日本でいえばフジツボのようなメーカーで、純正以上の耐久性が良さそうなしっかりした作りです。

なので重いです。社外マフラーは大抵は純正マフラーの半分位の重量ですが、REMUSは純正よりも重く感じます。

p207 003取り付けは純正マフラーをサイレンサーの前で切断します。メンテナンスの事を考えていません。

p207 004純正マフラーを切断し、REMUSマフラーの接合部は一回り太くなっているので切断箇所の上から差込み、金属バンドで締め込みます。

 

フィアット500 社外2DINナビ取付け

500ナビ 001フィアット500の前期型は純正オーディオが 1DINサイズのCDデッキなので、ナビを取付ける場合は ダッシュボードの上に置くタイプになってしまいますが、

社外品になりますが 上の取付けキットを使えば 2DINサイズのナビが取付け出来ます。

500ナビ 002ただ作業はエアコンの吹き出し口を移設する必要があるので、純正ダクトの切断が必要になります。左が純正状態 右が移設キットを取付けた状態です。

500 002このように違和感なくきっちりフィットします。但しこの取付けキットの金額は 6万位します。 フェイスパネル 固定金具 配線キット エアコンダクト移設キット

アンテナ変換コード 等一式揃っています。

フィアット500 セルモーター交換

チンク澤田さん 006市川市にお住まいの Sさんのフィアット500 1.2 ラウンジです。お仕事が工業製品のデザイナーの方で、センスが抜群です。

このボンネットのアイボリー塗装も、ステアリングの色に合わせてお客様の指定で塗装しました。

今回 エンジン始動時に ギーという悲鳴のような音がするという事でお預かりしました。

チンク澤田さん 001原因はこれです。スターターモーターの歯車の摩耗です。スターターモーターは、下の小さい筒の方がマグネットになており、

イグニッションの操作時に エンジンのフライホイールの廻りについているリングギアに飛び込んでエンジンを回します。

チンク澤田さん 002ピンボケ画像で申し訳ありませんが、これがスターター側のギアです。イグニッション操作でギアが下の方に移動しリングギアに噛み込んでエンジンを回します。

ギアが摩耗しているのがわかりますか?真ん中から右側のギアの歯が減っています。

チンク澤田さん 003実車の装着状態です。13mmのボルト2箇所と電源線を外すだけです。

147 1.6 002ただ上側のボルトが、エンジンルーム上方のミッションケースの上に付いているのですが、スロットルボディーの下で、ヒーターホース等があり

分かりづらいです。

チンク澤田さん 007これ ホイールキャップです。4枚で1万ちょっとです。真ん中がメッキで 廻りがアイボリーっぽいパールホワイトです。

チンク澤田さん 008ガバナの革調シートカバーです。外装色にあわせ 淡いブルーとアイボリーのツートンがとても上品です。

チンク澤田さん 009こだわりのリアルウッドのシフトノブです。本物の木で出来ているので、固定の時にネジを締めすぎると割れるので注意が必用です。

チンク澤田さん 010バイザーはこんな感じで、シフトノブの色と統一され室内のアクセントになっています。

在庫車 プジョー207GT デビルアイヘッドライト取付け

p207 001当店在庫の プジョー207GTです。走行89千kmで修復暦あり ダッシュボード変形大 で、なかなか売れません。

そこで 今回まず デビルアイヘッドライト(アウディ風のLEDデイライト付き)に交換し、今後 マフラー ダイレクトエアクリーナー

RACEチップサブコン(20ps位Upし燃費も向上)forge強化ディバーターバルブ 等取付け予定です。

p207 002まずはヘッドライト交換の為、バンパーを外します。グリルの上のT20のビスを外し、左右フェンダーに10mmボルト2箇所 バンパー下10mm2箇所で外れます。

ただフェンダーの固定ボルトを外すのにフェンダーライナーを外さないと工具がボルトに届きません。

p207 003ヘッドライトは、バンパーさえ外せば後は10mmボルト3箇所を外すだけです。

p207 005こんな感じになります。

 

アルファロメオ147 1.6ツインスパーク インテークマニホールド交換

ん147吉田さ 001練馬区のYさんの アルファロメオ147 1.6ツインスパークです。納車時から 3千回転以上の吹け上がりが遅くパワーが出ないという症状で、

診断機で エアフローメーターの異常が出ていいるので エアフローメーターを交換したのですが治らず という状況で、

提携先の アルファロメオ専門の認証工場の ガレージ ル・テオ に相談した所、インテークマニホールドからのエア吸い が疑わしいとの回答だったので、

ん147吉田さ 003今回お預かりして、インテークマニホールド(以降インマニ)の交換を行います。エキゾーストマニホールドは、排気熱でボルトが固着し

スタッドボルトごと外したりして苦労するのですが、インマニ側は普通にナットが外れるので楽です。

但し マニホールドをエンジン本体から外す時は バルクヘッド側一杯で エアコンパイプを傷つけないように気をつけます。

ん147吉田さ 002で交換は比較的スムーズに進んで、エンジンを始動しようとした所かかりません。イモビライザーが解除出来なくなっています。

診断機を接続すると、通信はしているようですが、エンジンECUにはエラーになり アクセス出来ません。

 

147 1.6 001

上記症状の原因は、エンジンECUの配線のアース不良でした。

147の場合、スロットルボディーの上の集中コネクタ2つ接続されている部品がエンジンECUなのですが、このハーネスのアース線が

147 1.6 002シリンダーヘッドの角に接続されています。仮止めのままで本締めをしていなかったのでアース不良を起こしエンジンECUの通信エラーの為、

イモビライザーが解除されない状態になっていました。

トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール エアコンブロアモーター交換

ゴルディニ 002先日の続きです。ブロアモーター本体の故障と原因はわっかったのですが、何せ狭く グローブBOXは、ダッシュボードと一体になっています。

ダッシュボードを外すしかないかと思いましたが、

ブロア 001まずは ブロアモーターから助手席の吹き出し口までのダクトを外し、

ブロア 002ブロアモーターは 先日のプジョー307CCと同じく締める方向に回せば外れます。ここからが問題です。

ブロア 003こんな感じでギリギリで外れました。流石にルノーの設計者も ブロアモーター交換の為にダッシュボード脱着させるつもりはないようで、

ほんとにギリギリです。ちなみに画像は本来助手席エアバックがある場所です。

ブログ最新記事
月別アーカイブ
トップへ戻る
店舗紹介ホットハッチの委託販売安心のサービスアクセス
在庫一覧委託販売依頼・お問い合わせブログ

Copyright 2014 株式会社ホットハッチ All rights reserved.

株式会社ホットハッチ

〒300-2505 茨城県常総市中妻町918-25
TEL.0297-21-2656  FAX.0297-21-2657
【営業時間】10:00 ~ 19:00 【定休日】火曜日