HOT HATCH

ブログ|茨城の中古車販売店個人売買の名義変更、委託販売

在庫一覧委託販売以来・お問い合わせ
  • 店舗紹介
  • ホットハッチの委託販売
  • 安心のサービス
    • カスタマーサービス
    • 購入までの流れ
    • よくある質問
  • アクセス
  • ブログ

スロットルコントローラー

DSCN3037 前回も掲載したMさんのアルファ ロメオ147 2.0ツインスパークにスロットルコントローラーを取付けした所、

その効果にお客様が大感激してくれました。

2000年代以降の車は、アクセルペダルとスロットルはワイヤーで物理的につながってなく、センサーによる

電子制御に変わって来ています。

つまり電子スロットルの車はドライバーのアクセル操作に車両側の制御が加わり、特に大排気量のパワーのある車は、電子スロットルでパワーを抑える方向の制御をし、燃費の向上や無用なホイールスピン等をしないようにしています。

それなので、スロットルコントローラーでよりアクセルを踏み込む制御をすれば、ドライバーの意図以上の

スロットルレスポンスでスポーティーな走りが可能になります。

しかも大抵のスロットルコントローラーは、ノーマルモード、エコモード、スポーツモードの切り替えが可能

で、取付けはアクセルペダルの上のコネクターにカプラーONで割り込ますだけです。

金額も2~3万程度なので手がだしやすい部品なので、お勧めです。

 

自分の車が電子スロットルかどうかの見分け方は、アクセルペダルの上にコネクイターがあるかどうかでわかります。たまにエンジンルームまでワイヤーで、スロットルの手前にセンサーがあるタイプもあります。

 

アルファ ロメオ147 グリーンダイナツイスト取付け

DSCN3037Mさんご契約のアルファ ロメオ147に グリーンフィルターの車種専用ダイナツイストを取付けします。

DSCN3038シルバーのカバーの内側にフィルターが入っていて、ダクトをフロントバンパー下部へ持っていきフレッシュエアを

取り込みます。

DSCN3040バンパー下からの画像です。画像左手フォグランプ脇のグリルから空気を取り込みます。

DSCN3039

アルファ ロメオ 156 クラッチマスターシリンダー交換

DSCN3003 以前の当社デモカーだったYさんの156ですが、クラッチが切れなくなりクラッチOHで入庫です。

147 156のツインスパークは、レリーズシリンダーとベアリングが一体構造で、ディスクが滑るより先にクラッチが

切れなくなり、ミッションハウジングの内側にあるので、クラッチ一式の交換作業となります。

DSCN3007

クラッチOHは提携先工場で終わらせたのですが、Yさん依頼で一緒にクラッチマスター交換を頼まれていたのを忘れ

てしまい自分が作業したのですが、 狭い シリンダーが室内側ペダルの奥にあり画像の右より上の方にリザーバ

からのホースが付いているのですが、ご丁寧にねじ込み式のホースバンドで工具が入りませんので、

買ってきたのが下の超薄型板ラチェットです。Yさん明日には終わらせます。

DSCN3006

プジョー206RC 入庫しました

DSCN2981 当店初のプジョー206RCが入庫しました。S16のエンジンをベースにF1エンジンも手がけるメカクロームにて、

シリンダーヘッドを専用設計しカタログ値177psを叩きだしています。

DSCN3001見た感じもS16のエンジンよりシリンダーヘッドが大きくなっています。

現在当店には 2001年式 ルノー ルーテシア 2.0RS もありますので、

近々2台を比較しレポートしたいと思います。

プジョー106 オイル漏れ修理

DSCN2975 車検でお預かりの Yさんのプジョー106です。納車後もオイル交換をしに来店頂いていたのですが、

その度に気になっていたオイル漏れを今回修理します。

DSCN2976いきなりですが、オイルパンを外した所です。

DSCN2977古いガスケットを剥がし、液体ガスケットを塗布し再び取付けします。

10年以上経過した欧州車ですと、少なくともオイルの滲みは起こしているのですが、

修理が必要な漏れ方は、オイルが滴になり垂れているようだと修理が必要ですがじんわり滲んでる程度なら、

経過観察にしておいた方が無難です。

なぜなら大概複数箇所から滲んでる場合が多く、1箇所修理するとクランクケース内圧が上がり他の場所に

負担がかかり今度はそこから漏れてきます。

気になる場合は是非ご相談下さい。

プジョー206CC リアパワーウインドウ交換

DSCN2968 日立市のNさんのプジョー206CCですが、右リアパワーウインドウ交換の依頼です。

CCのリアパワーウインドウは、故障が多くしかも部品代は 4万円 します。

DSCN2970リアシートを外し、内張りをはがした所です。今回Nさんの車はモーター自体のパワー不足で上げ下げが遅くなってしまったのですが、よくあるトラブルは画像中央の菱形の白い部品が欠けてしまうトラブルです。

この部品がガラスが動くときのガイドなのですが、純正品はアッセンブリー交換ですが社外品でこの部分だけ

部品があります。

この部品が駄目になると、リアガラスがずれてしまい上下出来なくなります。

お困りの方は是非ご連絡下さい。

 

道路冠水に注意

こちらでは先程激しい雷雨が降りました。

 

水戸市のアルファ ロメオ156をお乗りのIさんより電話があり、タイヤ半分以上冠水している交差点へ

 

侵入し、エンジンが止まってしまったとの連絡がありました。

 

 

タイヤ半分以上冠水していると危険です。走行中に水かさが増えていたら、一定の速度で止まらず

 

冠水箇所を通過して下さい。下り坂で水が溜まる所は侵入しない事。

 

もしエンジンが止まってしまったら、再始動しようとせず即座に車から脱出してください。

 

ドアの半分まで水が来たら、水圧でドアは空きません。

 

エンジンが水を吸って止まってしまったら、再始動は厳禁です。

 

ウオーターハンマーと言って、空気の変わりにエンジンに水が入ると水を圧縮しようとするので

 

当然圧縮しきれずバルブが曲がり、エンジンオーバーホール(分解整備)が必要になります。

 

水がかぶった程度でエンジンが止まり、セルを回さずそのままにしておけば

 

エンジン内部を乾燥させれば、何事もなく復活する可能性は高いです。

 

 

まずはゲリラ豪雨に遭遇したら、無理に走行せずコンビニ等へ避難し大雨をやり過ごしましょう。

BZ11キューブ エアコンガス漏れ

DSCN2885いきなりですが、H18年式キューブのエアコンガス漏れ修理で、エバポレーターを外した所です。

ここまでばらしたのは自分も10年以上ぶりです。

DSCN2886画面の手前のフィルターを外しているのがエバポレーターで、奥側2本のパイプにつながるのはヒーターコアになります。ブロアファンモーターも含めて一体のケースに収まっています。

DSCN2888組み上げ途中の画像です。日産のディーラーの話しですとこの型のキューブのエアコン修理の7割近くの原因が、

エバポレーターからのガス漏れだそうです。工賃だけで5万を超えます

 

アルファ ロメオ147 シート交換

DSCN2882 板橋区にお住まいのOさんにご契約頂いた アルファ ロメオ147ですが、Oさんから連絡があり、

本革シートを手に入れたので、直送していいか?と連絡がありました。

DSCN2883 もちろんOKですよ と答えた次の日に届きました。タンのMOMOデザインのシートで状態も良好です。

室内が一気に華やいだ雰囲気に変わります。

DSCN2884

ホットハッチの車は何で他より安いの?

7月18店舗 002昨日新規でご来店頂いたお客様に表題のような質問を受けました。

当店の在庫車は値段を付ける時に カーセンサー GOO で同車種で 年式 距離 が同程度なら、

支払い総額の安い順にして、5台以内になるように価格をつけています。

 

それを実現する為には大きく3つの要素があるのですが、

1 まず仕入れ(詳細はここでは語れません。) 2 お店自体の経費を安く抑える 3 そもそも1台あたりの利益が他店より低い

説明しますと 2の経費を抑えるは、自分1人で運営し人件費を抑えていて、お店の場所が10年前までは谷和原村で

あるつくばみらい市で地代が安い! 隣の守谷市の坪当たり価格の半分なのに、

常磐自動車道 谷和原ICより車で10分 つくばエクスプレス みらい平 駅まで車で7分 の好立地です。

 

3 のそもそも1台当たりの利益が低い点は、通常輸入車の中古車販売店 国産車より利幅をおおく設定していま

す。なぜなら整備に国産車より金額がかかるので、店頭プライスを高めにしているのが通常です。

当店では輸入車ディーラーに10年勤務し、まず自分で整備が出来る 当時の仲間が認証工場を経営しているので、

国産車と同等の金額でメンテナンスが可能で、

部品も高いメーカー純正でなく、欧州部品メーカーのOEM部品や 可能ならば中古部品を使用し

整備費用を安くしています。

 

あとは私の考え方で、販売はお客様との付き合いのきっかけにすぎず

納車してから オイル交換や車検 お子さんの車等 長いお付き合いをしていきたいと考えています。

それなので他のお店からみたら低い利益で販売していても、納車したら終わりではなくその先を考えて商売をして

いるので、自分としては適正な利益を得ていると考えています。

 

納得いただけたでしょうか? 今の時代 安かろう 悪かろう では商売は成り立ちません。

価格以上の価値がある物を提供する

 

難しく考えずに お客様にホットハッチ で車を買って良かった と思ってもらえるように日々努力しています。

 

ブログ最新記事
月別アーカイブ
トップへ戻る
店舗紹介ホットハッチの委託販売安心のサービスアクセス
在庫一覧委託販売依頼・お問い合わせブログ

Copyright 2014 株式会社ホットハッチ All rights reserved.

株式会社ホットハッチ

〒300-2505 茨城県常総市中妻町918-25
TEL.0297-21-2656  FAX.0297-21-2657
【営業時間】10:00 ~ 19:00 【定休日】火曜日